オーダースーツとは

オーダースーツの相場は幾らくらいか

オーダースーツには、その製法の違いから大きく分けてパターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーの三種類があります。何タイプかある既成サンプルの中から一番体型に近いものを試着して、そこから補正を入れてゆくパターンオーダーは、価格も手ごろで3万から8万くらいが相場になっています。数ある既存の型紙の中から自分に合った一枚を探し出し、そこに補正を入れながら仕立ててゆくのが、イージーオーダーで、こちらはどのような生地を使うか、ボタンなどのディテールをどの程度凝るかによって値段の幅が変わってきますので、価格は下は5万辺りから上は25万くらいとかなりの開きがあります。最後のフルオーダーは型紙からその人の体型に合うように起こすので最低でも20万以上で上を見たらきりがありません。一口にオーダースーツと言ってもその製法により手間暇と金額にはかなりの差が出るのです。

スーツの歴史エトセトラ

現代の形のスーツが生まれたのはヴィクトリア朝のイギリスとされています。元々西洋の洋服であったスーツが日本に入ってきたのは幕末から明治の頃です。黒船来航と共に開国し鎖国をしていた日本に海外の文化が一気に流れ込んできました。急激に近代化と軍事力の強化を迫られた日本は、まず軍事の分野で以前の着物を捨て軍服を着るようになりました。それが時代と共に下って西洋人と同じように日本でも男性がスーツを着るようになりましたが、かつては既製品などはないため、全てがフルオーダーのオーダースーツだったと言えるでしょう。テーラーと呼ばれる洋品店で注文をしてスーツを作ってもらうのです。その後工業化の発展と共に大量生産が可能となり既製服が安価で手に入るようになりましたが、昔ながらのオーダースーツは廃れることなく現代にまで受け継がれています。